スイスフラン/円の通貨ペアの特徴-投資初心者のためのFX攻略ナビ

低金利ながら安定している「スイスフラン/円」

スイスは永世中立国であり、「有事の時のスイスフラン」と言われるように、他国でテロや戦争が起こった際に買われる傾向があります。主な貿易国はユーロ圏なのでユーロと同じような値動きを見せ、テクニカル分析しやすいことも特徴です。

スイスフランの流動性は低いですが、戦争や紛争など世界的な不安定や不確実性の時代には、投資家の資金の安全な避難先通貨としてよく買われます。世界で最も安定した通貨のひとつといわれています。

ただ、スイス経済の情報も日本にはなかなか入ってきませんから、積極的なFX取引が難しくならざるをえないという部分もあります。

 


スイスフランに影響を与える情報は?

最近ではユーロのリスク回避から買われる傾向を見ても、ユーロの動向が直接影響を与える要因となることが分かっています。

ですからユーロのネガティブな情報は常にチェックしておき、なおかつユーロ加盟国の先進国でもあり隣国ドイツの経済状況というものが一つの指標になると言えます。

スイスフランに影響を与える経済指標は以下になります。

◆KOFスイス先行指数
KOFスイス経済研究所が発表する先6ヶ月の景気状況の予測。

◆失業率と貿易収支
スイス経済自体安定していますが、一番の貿易相手国のドイツの動きには注目しなければなりません。

◆スイス以外のキャリートレード通貨の値動き(低金利通貨・円・ドルなど)
ユーロ危機や金融恐慌等世界で為替の大きな動きがある時は買われる傾向にありますのでそちらも常に頭に置いておくと良いでしょう
※キャリートレードとは、高い金利の通貨を買い(貸し出し)、低い金利の通貨を売る(借り入れ)ことをいいます。スイスフランは低金利ですのでキャリートレードの際に売却されるのです。


スイスフランのおすすめ取引時間帯は?

スイスフランはリスクマネーの逃避先ですから、世界で最も取引が行われている時間帯、すなわち日本時間で22時から25時がよいでしょう。

ニューヨークとロンドンのどちらの市場も活発に取引を行っているのが、この時間帯となります。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加