円高でも円安でも利益を出せる?:FX初心者向けQ&A-投資初心者のためのFX攻略ナビ

Q:円高でも円安でも利益を出せる?

FXは円高でも円安でも利益を出すことが出来るというのは本当ですか?

 


A:はい、FXでは円高でも円安でも可能です

株式投資では、株を安く買って、高く売れば利益が出ます。外貨も株と同じように、安いレートで外貨を買って、高いレートで売れば利益になります。

たとえば、「1ドル=100円」の時に、100円を支払い1ドルを買って、「1ドル=120円」になってからその1ドルを売れば、120円を受け取ることが出来るので、20円の利益になるというわけです。

このように「1ドル=100円」が「1ドル=120円」になるようなレートの変化を「円安(ドル高)」と言います。ドルを買って、「円安(ドル高)」になれば利益が出るわけです。

逆に、「1ドル=100円」が「1ドル=80円」になるような変化を「円高(ドル安)」と言いますが、この場合は20円損をしてしまうことになります。

一般的な外貨投資では、「円安」では為替で利益が出て、「円高」になると為替で損が出てしまいます。円高になるときには外貨投資は利益があがらないということですね。

ところがFXでは、この「円高」においても利益を出すことが出来るのです。さて、それではどうやって利益を出すことが出来るのか考えて参りましょう。

株式投資でも、FXでも、「安く買って、高く売ると利益が上がる」というのは鉄則です。先ほどの例のように、円安(ドル高)局面では、「ドルを安く買って、高く売る」ということが出来ます。

しかし、これから円高(ドル安)になる局面、つまり、現在の「1ドル=120円」が、今後「1ドル=100円」に向かっていくことが予想される局面では、反対に「ドルを高く買い、安く売る」ことになってしまいそうです。

ここで、実際のFXの仕組みとは少し異なりますが、「円高でも利益が出せる」という仕組みをご理解いただくために、ちょっとした模擬取引をご紹介しましょう。

現在、「1ドル=120円」のうちに、「ドルを買う」のではなく、まず「ドルを売る」という取引をします。「ドルを持っていない私が、どうやってドルを売るのか?」とお思いでしょう。

これは、「友人から借りてくる」とイメージして下さい。借りてきた「ドル」をまず売ります。すると、市場から120円を受け取ることが出来ます。友人からは1ドル借りたままですが、あなたのポケットには120円が入ります。

その後、「1ドル=100円」になったなら、「1ドル」を市場から買いましょう。この際に必要な金額は、100円ですよね。なぜなら、現在「1ドル=100円」なのですから。

ポケットから100円支払い、市場から買い取った「1ドル」を借りていた友人に返します。するとどうでしょうか?

貸し借りが無くなった後、あなたのポケットには20円が残っていますね。そうです。この方法でも20円が利益となります。

「100円で買って、120円で売る」という取引も、「120円で売って、100円で買う」という取引も、順番が違うだけで、していることは同じ。結局は「安く買って、高く売ると利益が上がる」という鉄則に沿っているのです。

実は、FXでは、このような取引を難しく考えることなく、クリックひとつで切り替えることが出来る様になっています。

あなたが考えるべきことは、円安局面では「買い」から取引を始める。円高局面では「売り」から取引を始める。ただそれだけです。

いかがでしょうか? 株式投資で「上がる銘柄選びに疲れた」「銘柄選びの時間が無い」というあなたには、FX取引が合っているかもしれません。

「ドル/円」のレートだけを見つめ、上がるときには「買い」、下がるときには「売り」から取引を始めれば良いだけなのですから。

今回のお話は、数字が出てきて少々難しかったかもしれませんが、少額で一度取引されると、すぐにおわかりいただけると思います。

 


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加