Bid・Askとは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

Bid・Askとは?:FX用語解説

Askとは、通貨を「買う」ときの値段。
Bidとは、通貨を「売る」ときの値段。
スプレッドとは、「買い」と「売り」の値段の幅です。


米ドル/円の一例です。
テレビやラジオで、「現在一ドルは110円10銭から14銭」というような放送を聞いたことがあるかと思います。

これは、一ドルが110円14銭で買うことができ、110円10銭で売ることができるという意味です。


上図の時は、

・「買い」から始める場合、買いの値は「Ask」の1ドル=110円14銭となります。もし、この値のまま、決済する(売る)場合、「Bid」の110円10銭となりますので、04銭分の損失です。 (手数料含めず)

・「売り」から始める場合、売りの値は「Bid」の1ドル=110円10銭となります。もし、この値のまま、決済する(買う)場合、「Ask」の110円14銭となりますので、04銭分の損失です。 (手数料含めず)


つまりこの場合、取引を始めると、値が動かなくてもとりあえず04銭分の損失からスタートになります。

この10銭~14銭の、4銭の幅をスプレッドといい、FX会社によって幅が違います。

1銭以下のところもあります。

というか、いまは、1銭以下のFX会社がほとんどです。

スプレッドの幅が小さい方が、当然ながら稼げる金額が多くなるので、FX会社ではスプレッドの小ささを「ウリ」にしているところが多いです。

一回の取引ではどのFX会社で取引してもあまり変わらない金額かもしれませんが、何十回、何百回も取引を繰り返すことを考えると、スプレッドの幅って結構重要になります


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加