円高・円安とは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

円高・円安とは?:FX用語解説

円安円高とは

為替のレートは『2つの国の通貨が比較』されて決まります。

円高とは、円がもう一方の通貨と比べて、価値が高いことを表しています。円安とは、円がもう一方の通貨と比べて、価値が低いことを表しています。

ここでは米ドルと円で、円高と円安について説明していきます。


昨日1ドル=100円で、今日1ドル=95円になっていたら、今日は昨日とくらべて『ドル安・円高』です。
昨日100円出さなければ買えなかったものが、今日は95円で買えるので、ドルと比べて円の価値が5円上がっているということになります。

反対に、今日1ドル=105円になっていたら、今日は昨日とくらべて『ドル高・円安』です。
昨日100円で買えたものが、今日は105円出さないと買えないので、ドルと比べて円の価値が5円下がっているということです。

単純に考えると、円安より円高のほうがいいのでは? と考えてしまいますが、どちらかが絶対的に良いということはありません。

円高のメリットは、輸入品が安く買えたり、海外旅行を安くすますことができたりといった、日本から外国への消費活動が安くなるところなどです。
円高のデメリットは、外国からみると日本のものが高くなるので、日本からの輸出がしにくくなり、輸出を行っている企業が多い日本では不況をまねくおそれがあるところです。

円安のメリットは、外国からみると日本のものが安くなるので、輸出をしている会社は利益を上げやすくなり、外国からの観光客が増加する傾向があるところです。
円安のデメリットは、輸入品の値段が高くなり、輸入を行っている会社は打撃を受けることがあるところです。また、海外旅行へ行くと円高時より多くのお金が必要になります。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加