ロスカットとは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

ロスカットとは?:FX用語解説

ロスカットとは、レートが変動し損失が一定以上ふくらんだとき、FX会社によって強制的にすべての保有ポジションが決済されるしくみです。


FXの取引をするには、まず自分のFX口座に入金をしますね。そしてポジションを持つわけですが、このとき損切りを入れていない状態でレートが思惑と逆方向へ変動しつづけると、どこまでも損失が増えてしまうことになります。

こうなった場合、あらためて損切りを入れるか手動で決済をしない限り、損失は際限なく増えていきます。FX会社からみると、口座に入っている資金以上の損失は避けたいですよね。

そこでFX会社はロストカットを行う前に、まず多くの場合マージンコールを発動させます。「このままだと資金が足りなくなり、強制ロスカットになります。追加のお金を入れるか、決済をして下さい」といった内容のメールが届きます。

そしてマージンコール発生後さらに損がかさみ、追加の入金や決済をしなければ、ロスカットされることになります。

ロスカットを防ぐには、とにかく損切りを入れておくことが有効でしょう。また、レバレッジを低く設定することも重要です。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加