ロット・枚とは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

ロット・枚とは?:FX用語解説

ロット(もしくは枚)とは、FXを行うときの取引単位のことです。

FXでは、ある程度まとまった数量を1単位として取引していく仕組みになっています。

ちょうどスーパーで売られている玉子に置き換えると分かりやすいと思いますが、玉子も購入するときは、1個ずつではなく、1ロット(=1パック)単位で買っていますよね。

FXもそれと同じで、例えば、米ドル/円ペアならば、1ロットあたり、1万通貨単位で取引するのが一般的となっています。

ですので、1ロット=1万通貨というルールで取引を行うときは、1ロット、2ロット、3ロット・・・と数量を入力していくと、1万通貨、2万通貨、3万通貨・・・分の取引を行っていることになります。



なお、玉子の話しに戻りますが、お店や銘柄によっては、1パック10個入りではなく、6個入りや1個ずつ買える玉子があるように、FXでも、FX会社や通貨ペアによっては、1ロット=10万通貨や1000通貨のところがあります。

また、中には1ロットでも1万通貨でもなく、「1枚」や「1レッグ」と表現するFX会社もありますが、意味は同じです。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加