ナンピンとは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

ナンピンとは?:FX用語解説

ナンピンとは

ナンピンとは、FXのトレードにおける手法のひとつです。


すでに「買い」でポジションを持っていて、レートが下がった時に、『また新規にポジションを「買い」で持つこと』をナンピン買い(ナンピンをする)と呼びます。


ちなみに「売り」で入ってレートが上がった時に再度「売り」を入れることはナンピン売りと呼びます。


なぜナンピンをするのかといえば、今持っているポジションの損失をなるべく早く取り戻し、かつ利益を得るためです。


たとえば、米ドル/円を100円で1万通貨を買っていたが99円に下がってしまった、というときに、99円から同じ量の買いポジションを持ちます。


99円になった時点でもともと持っているポジションの損失は1万円です。損失を0にするには、レートが100円に戻る必要があります。


しかし、99円で再び1万通貨買えば損が薄まり、100円までレートが回復すると損失を穴埋めできるどころか1万円の利益になるのです。


この方法は、ある程度の幅の値動きを繰り返す市場においてよく用いられる手法なのですが、初心者にナンピンはあまりオススメできません


もともと「上がるだろう」という予想で買いポジションを持ったのに、下がってしまった。この時点で最初に立てたシナリオが間違っていたことになります。その上やみくもにポジションを増やしてレートが下がり続けてしまったら、損が大きくなるだけです


もちろんナンピンが功を奏し、利益を得て終わることもあるでしょう。しかし、きちんと資金があり、今後のシナリオを冷静に立てることができて初めてナンピンは「戦略のひとつ」となるのです。


自分が考えていたシナリオと逆に値動きした場合、ナンピンをするより損切りをして、戦略を立て直すことが有効でしょう。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加