pips(ピップス)とは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

FXの単位「pips」とは?:FX用語解説

■Pipsとは?
読み方は、ピプス、ピップスなどと発音します。 為替の専門用語で、為替レートの「単位」のひとつです。

■Pipsが使われる理由は?
「USD/JPYの為替レートは100円50銭」
「EUR/USDの為替レートは1.2650ドル」

このように、為替レートは、通貨ペアによって円、銭、ドルなど単位がバラバラですね。共通の単位として「pips」が存在します。定義としては、各通貨ペアの値動きの最小単位が「pips」。

■具体例は?
①USD/JPYが100円50銭→100円60銭に値上がりした時。この10銭分の値動きを「10pips」と表現します。

②EUR/USDが1.2650→1.2660へ上昇した時。この0.0010ドル分の値動きを「10pips」と表現します。

■日本円換算は?
①USD/JPYが100.00円→101.00円へと100pips上昇したとき、仮に1万通貨トレードしていたら、損益は日本円換算で1万円になります。(計算式は100pips=1円なので1円×1万通貨=1万円)。

②EUR/USDが1.2600→1.2700へと100pips上昇したとき、仮に1万通貨トレードしていたら、損益は日本円換算で1万200円になります。(計算式は100pips=0.01ドルなので、0.01ドル×1万通貨×為替102円=1万200円)。

■超カンタン換算法は?
1万通貨で設定(トレード)した場合の、損益の概算値をざっくり計算する超カンタン換算法があります。

対円レート 「OOO/JPY」の通貨ペア
pipsを100倍してください。米ドル円、ユーロ円、豪ドル円など対円相場なら、pipsを100倍にした金額が、1万通貨あたりの損益になります。 仮に「1カ月の獲得値幅500pips」ならば、500を100倍した「5万円の利益だったんだな」とわかります。

対ドルレート 「OOO/USD」の通貨ペア
現在の米ドル円レートが102円くらいなので100倍した後に1.02倍をかけてください。 仮に「1カ月の獲得値幅800pips」ならば800を100倍して1.02を掛けた「8万1千円くらいの利益なんだな」ということがすぐわかります。

 


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加