ポジションとは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

FXのポジションとは?:FX用語解説

ポジションとは外貨の持ち高のこと

FX取引において「ポジション」は、よく使われる言葉です。

ポジションとは、日本語で「持ち高」のこと。FX取引で新規約定したあと、その状態を保有して維持している注文のことを差します。

つまり、外貨をいくら買っているか・売っているかという状況を表しています。この状態を「ポジションを持っている」「保有ポジション」といいます。

FXでは、外貨を持っていない状態でも、「外貨を売る」状態から取引をスタートすることができるので、このように外貨を保有せずに売っている状態のことも、やはり「ポジションを持っている」となります。

外貨を買っている状態のことを「買いポジション」、売っている状態のことを「売りポジション」といいます。

買いのことを「ロング」、売りのことを「ショート」と呼ぶこともあり、それぞれ「ロングポジション」「ショートポジション」と表すこともあります。

FX取扱会社によっては、買い(ロング)ポジションのことを「買い建(かいだて)」「買い玉(かいぎょく)」「買い持ち」、売り(ショート)ポジションのことを「売り建」「売り玉」「売り持ち」と表すこともあります。

 


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加