塩漬けとは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

塩漬けとは?:FX用語解説

塩漬け(しおづけ)とは、株やFX、不動産などで使われる言葉です。
FXでは『一度持ったポジションのレートが思惑とは反対方向に変動し、そのポジションを決済しないまま持ち続けること』を指します。


たとえば、米ドル/円を100円で買って、95円までレートが下がってしまったとしましょう。本来ならば損切りを入れておくべきところ、損を確定したくなかったり、レートが回復するだろうと思い、損切りをせずに損失が膨らんでしまった状態です。

もちろんレートは常に変動していますので、損失を取り返せることもあるでしょう。しかし、このままレートが下がり損失が増え続けた場合、ロスカットの可能性が大きくなってしまいます。

塩漬けの問題点は、損が大きくなり続けるかもしれないという点、そして決済できず資金を動かせないので、目の前にあるチャンスを逃してしまうという2点です。

何十万円、何百万円と損をしてしまっているときに、思い切って損切りの決済することは容易ではありません。ですが、もともと損切りを入れておけば、もっと浅い傷で済んだはずなのです。

塩漬けになってしまった時は、戦略を立て直すためにも一度ポジションを決済し、次からは損切りを徹底することをこころがけましょう。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加