雇用統計とは?:FX用語解説-投資初心者のためのFX攻略ナビ

雇用統計とは?:FX用語解説

雇用統計(こようとうけい)とは、経済指標と呼ばれる発表のひとつで、その国の経済活動を数字で表したものです。各国が雇用統計を発表していますが、その中でも特に米国の発表は相場に大きな影響を与えます。


米雇用統計は、アメリカの労働省により毎月第1金曜日、日本時間でサマータイム期間だと21時30分、それ以外の期間は22時30分に発表されています。

失業率、非農業部門雇用者数、製造業就業者数、小売業就業者数、就労時間、平均時給などが発表されますが、特に重要なのが失業率と、非農業部門雇用者数です。

失業率が下がり、非農業部門雇用者数が以前より多くなっていれば景気が良くなっていると判断され、ドルが買われドル高になりやすいと言われています。

米雇用統計の夜は、チャートが乱高下することがほとんどです。
発表内容と予想がちがえばちがうほど大きな値動きが発生しますが、これらは予測をすることがとてもむずかしいため、プロのトレーダーでも、この日は取引を控える方が多いようです。

また、米雇用統計に限らず、テクニカル分析を基本に取引をしていると、経済指標の発表を忘れてしまい、思わぬ変動にまきこまれることがあります。

全ての指標発表を警戒する必要はありませんが、スケジュールはつねにチェックすることをこころがけましょう。


漫画で学べる入門サイト「はなまるFX」

あれもこれも欲しいけど、余裕なんてない!給料だけじゃ物足りない!

そんなサラリーマンや主婦の方に今人気なのがFX投資。1日5分から、4000円程度から始められる気軽さがGOOD!

はなまるFXではFXのしくみを分かりやすく解説♪FX情報や為替情報が満載で、FXがはじめての方も安心です。

初心者向けFXサイト「はなまるFX」

このエントリーをはてなブックマークに追加